環境省 ZEBの導入事例紹介

環境省は7月20日、「平成28年度環境省補助事業『業務用ビル等における省CO2促進事業』におけるZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の導入事例のご紹介」について報道発表しました。以下、発表の概要です。

環境省では、ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)の普及促進に向け、「平成28年度業務用ビル等における省CO2促進事業」を補助事業として実施しました。ZEBとは、室内環境の質を維持しつつ、50%以上の省エネを満たしたうえで、太陽光発電等の再生可能エネルギーの活用などによりエネルギーを創ることで、正味(ネット)でゼロ・エネルギーを目指すビルです。

今回、本補助事業を活用してZEB化を実現した3件の事例、四国銀行潮江支店(高知県高知市)、藤崎建設工業本社ビル(茨城県行方市)、柏崎海洋センター(新潟県柏崎市)をご紹介いたします。本事例を通じて得られた知見を中小規模業務用ビルや地方公共団体の各種施設のZEB実現のモデルケースとして展開することで、ZEB等の先進的な業務用ビル等の実現と普及拡大をより一層進めてまいります。

詳細は下記のホームページをご覧ください。
http://www.env.go.jp/press/103957. html