御挨拶

一般社団法人東京都設備設計事務所協会(略称:東設事協、MET)は、東京都に事業の拠点をもつ設備設計専業事務所とその活動を支援する賛助企業、個人等から成り立っています。当協会は、東京都で活動してきた二つの協会((社)東京都建築設備設計協会と新東京設備設計事務所協会)が統合して、平成17年1月に発足しました。

「設備」とは、空調・換気、給排水、ガス、照明・通信、防災、昇降設備、自動制御など、住宅、ビル、公共施設、道路など世のあらゆる施設を人々が安全、快適に利用するために必要な、重要で大切な技術です。昨今その重要性はますます高まり、省エネルギー、環境保全といった面からも建物だけでなく都市環境、さらには地球環境にまで影響する重要な技術要素となってきました。私たち協会員は、「より良い設備」を創造、設計し、生産・施工するために日々努力を続けてまいります。

このホームページは協会の「情報基地」の機能をもたせることはもちろんのこと、会員相互の「交流の場」としての機能を持たせていきたいと考えています。会員の皆さまには、このホームページを、是非有効に活用していただければと思います。また、内容のさらなる充実へ向けてお知恵やご意見、ご感想をお寄せください。

当協会活動に興味お持ちの皆様、協会に是非加入していただき、より充実した設備業界構築に向けた協会活動にお力を貸していただけませんか。ご参加を心よりお待ちしております。

一般社団法人 東京都設備設計事務所協会
会長 市村 充